新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえた緊急小口資金等の特例貸付について

新型コロナウィルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金等の特例貸付について緊急小口資金特例貸付パンフレット

八丈町社協では、東京都社会福祉協議会からの委託を受けて、「生活福祉資金」という貸付を行っています。

その中に「緊急小口資金」という貸付金があり、今回の新型コロナウィルス感染症の影響によって収入が減少した世帯を対象に「特例貸付」を3月25日(水)より開始しました。

□貸付の概要は以下の通りとなります。
●貸付額20万円以内(一括交付)
※上限の20万円を申請するには条件があります。
●貸付金交付申請から交付まで1週間程度
●据置期間1年以内
●返済期間2年以内 (24回以内)
●連帯保証人不要
●利子無利子
※ただし、返済期限までに返済が完了しない場合、残元金に対して年3%の延滞利子が発生します。

□準備して頂く書類等
●住民票(世帯の全員が記載されている物)
●身分証明書
●新型コロナウィルスの感染拡大の影響による減収が確認できる通帳、又は帳簿等
●通帳及び通帳印

□詳しくはこちらの資料をご覧ください。また、ご不明な点がありましたら、下記までお問合わせ下さい。

□電話予約について
現在相談件数が増加しており、すぐに対応出来ない場合がありますので、ご相談の際は一度電話にてご連絡の上、ご来所下さいますようお願いします。
なお、島外在住の方は、お近くの社会福祉協議会へお問合わせ下さい。

八丈町社会福祉協議会(04996-2-2609:奥山・菊池)